ヨーロッパ古層の異人たち: 祝祭と信仰

Front Cover
東京書籍, Mar 1, 2003 - 231 pages
太陽の誕生日はイエス・キリストの誕生日に、ゲルマンやケルトの神がみはサンタクロースに取って代わられた。キリスト教の衣裳を剥がすと、在来の習俗や信仰が、いまも残っていることが次第に見えてくる。貴重な写真多数掲載。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information