現代フランス哲学

Front Cover
新曜社, 1998 - Philosophers - 294 pages
現代思想をリードしてきたフランス哲学。サルトルからフーコー、バルト、ラカンをへてドゥルーズにいたる1960年代以降の流れを、実存論的現象学、構造主義、ポスト構造主義の三部に分け、さらにレヴィナス、リクールなどの現代の新しい流れを「現象学の新しい展開」として、35のキイワードで見通しよく概観する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information