ホッブズの政治哲学, Volume 1

Front Cover
新評論, 2008 - 432 pages
17世紀自然科学の発展に多大な影響を受けて形成されたホッブズの思想。その核心をなす機械論的世界観の意味と「近代政治哲学」誕生の軌跡を、初期草稿から主要著作までを精緻に読み解くことで明らかにする。“ホッブズ研究の古典”の誉れ高い藤原保信の処女作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information