ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

Front Cover
大人の凝り固まった常識を、子どもたちは軽く飛び越えていく。世界の縮図のような「元・底辺中学校」での日常を描く、落涙必至のノンフィクション。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information