高畠通敏集, Volume 2

Front Cover
岩波書店, Jul 7, 2009 - Japan - 377 pages
若き政治学者高畠は、思想の科学研究会での共同研究「転向」を起点に、その視角を発展させて、知識人と大衆、日常性と非日常性、政治性と非政治性といった二分法を超える新しい政治学的研究の道を切り拓いた。本巻は、「自治」という政治と「市民」という主体の発見を経て「市民政治学」の構築に至る、最重要な論考を集成する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information