作家刑事毒島の嘲笑

Front Cover
幻冬舎, 2022 - 317 pages
0 Reviews
Reviews aren't verified, but Google checks for and removes fake content when it's identified
保守系の刊行物で有名な出版社に、何者かが火を放った。公安一課の淡海奨務は、左翼集団の犯行とみて捜査を開始する。そこで出会ったのは事件に興味を示した作家兼業の名物刑事・毒島真理。虫も殺さぬような風貌とは裏腹に、毒島は容赦ない毒舌で犯罪者をこきおろす。淡海はその様子にたじろぎつつも、行動を共にすることに。間もなくネットに公開された「急進革マル派」を名乗る過激派の声明。果たして事件はテロの予兆なのか?作家刑事が鋭い舌鋒で事件を解決する大人気シリーズ第三弾!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information