リベラルな徳: 公共哲学としてのリベラリズムへ

Front Cover
風行社, Aug 10, 2014 - 337 pages
“リベラルは道徳や善に関する議論を放棄している”との批判に対して、“リベラルにとってこそ市民的徳が欠かせない”ことを論じ、その核心に“公共的正当化”の実践をみいだす。論争を画することとなった名著、待望の邦訳。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information