花埋み

Front Cover
講談社, 2013 - Japanese fiction - 546 pages
女性に社会的地位がなかった明治初期、日本初の公許の女医となった女性がいた。その名は荻野吟子。十九歳にして夫から業病をうつされ絶望の淵に立たされながらも、同じ境遇の女性を救うべく世間の遍見に抗して医学を志した。キリスト教への入信、東京から未開の地・北海道への移住など、波瀾に満ちた生涯を描ききった感動長編。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information