学生エリート養成プログラム: 日本、アメリカ、中国

Front Cover
東信堂, 2017 - Education, Higher - 270 pages
日本の高等教育では、リメディアル教育など低学力層に対する支援は各大学で広く見られるのに対し、高学力層に対する支援・養成は諸外国と比べても極端に少ない。このままでは高学力層が支援の手厚い海外の大学に進学することで深刻な頭脳流出に陥り、日本社会の発展に深刻な影響を与えることが予測される。本書は、アメリカと中国の数多くの事例に加え、日本でも先進的に導入している5大学における学生エリート養成プログラムの比較・分析を通して、今後日本の大学はこのプログラムの開発にあたって何をすべきかが分かる、時宜を得た力作である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information