古典物理学, Volume 1

Front Cover
岩波書店, 2011 - 506 pages
古典力学は、相対論や量子論への飛躍のためにどのような足場を用意したか。また古典電気力学は、いかに完成に至ったか、とくにエーテル理論の歴史的役割を見直す。理論の発展に対する湯川博士の視座が光る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information