竹屋ノ渡: 居眠り磐音(五十)決定版

Front Cover
文藝春秋, 2021 - 343 pages
田沼との激闘の日々は遠くなった。尚武館道場に入門し、兄弟子と立ち合い稽古に励む空也。居眠りしながら孫を見守る金兵衛。新春、心穏やかな時を過ごす磐音に、父子揃って目通りせよとの将軍家斉の命が届く。政と一線を画してきた磐音だったが、登城の覚悟を決める。その懐には、真剣勝負を願う老剣術家の書状があった...。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information