ジェンダーの心理学: 心と行動への新しい視座

Front Cover
培風館, 2006 - 252 pages
多様な属性をもった文化的・社会的存在として男女をとらえ、男女の心理学的事象にかかわる真実をジェンダーの視点から客観的、多面的、体系的に明らかにすることをめざした書。ジェンダー研究は、個人としての男性と女性のあり方および両者の関係のメカニズムについて幅広く学際的に研究する科学であり、心理学だけではなく、多くの分野に新しい視座を提供している。本書は、斯学の絶好の解説書といえる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information