螺鈿迷宮, Volume 2

Front Cover
角川書店, Nov 25, 2008 - Medical fiction - 233 pages
2 Reviews
医学生・天馬大吉が潜入した不審死の続く桜宮病院に、奇妙な皮膚科の医者がやって来た。その名も白鳥。彼こそ、“氷姫”こと姫宮と共に病院の闇を暴くべく厚生労働省から送り込まれた“刺客”だった。だが、院長の桜宮巌雄とその双子の娘姉妹は、白鳥さえ予測のつかない罠を仕掛けていた...。終末医療の先端施設に隠された光と影。果たして、天馬と白鳥がそこで見たものとは?現役医師が描く、傑作医療ミステリー。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information