犯罪加害者と表現の自由: 「サムの息子法」を考える

Front Cover
岩波書店, 2018 - Correctional law - 265 pages
神戸連続児童殺傷事件を犯したとされる元少年Aの『絶歌』出版のように、犯罪加害者が手記などを出版することに対して、遺族・社会から強い反発・反対の声が上がることは多い。アメリカの「サムの息子法」は、このような状況を解決することができるのか。また、日本で「サムの息子法」に類する法を制定することは可能か。犯罪加害者と表現の自由について考察する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information