マーラーと世紀末ウィーン

Front Cover
岩波書店, Feb 17, 2004 - 255 pages
マーラーの作品の真の新しさや面白さは、世紀末ウィーンの文化史全体に目を広げて初めて明らかになる。著者は同時代人クリムト、O.ワーグナー、フロイト、V.アードラーらの活動をも視野に入れ、彼らの夢と現実のありようを描きだす。また現在、彼の音楽のどのような側面が注目され、それが現代文化のいかなる状況を表現しているのかを問う。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information