働きたくないイタチと言葉がわかるロボット: 人工知能から考える「人と言葉」

Front Cover
朝日出版社, 2017 - Computational linguistics - 269 pages
なぜAIは、囲碁に勝てるのに、簡単な文がわからないの?なんでも言うことを聞いてくれるロボットを作ることにした、怠け者のイタチたち。ところが、どのロボットも「言葉の意味」を理解していないようで―

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information