システムと自己観察: フィクションとしての〈法〉

Front Cover
東京大学出版会, 2000 - Jurisprudence - 218 pages
「法」が“イマジナリー”であること。オートポイエーシス論やサイバネティクス論などの現代思想を、具体的な社会システムや意識システムに援用することで開かれる、まったく新しい法的思考。

From inside the book

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Common terms and phrases

Bibliographic information