家族遺棄社会: 孤立、無縁、放置の果てに。

Front Cover
KADOKAWA, 2020 - 234 pages
子供を捨てる親、親と関わりをもちたくない子供。セルフネグレクトの末の孤独死。放置される遺骨...。孤立・孤独者1000万人の時代。リストラや病気など、ふとしたことでだれもが孤立へと追いやられる可能性がある。この問題を追い続けてきた第一人者が、ふつうの人が突然陥る「家族遺棄社会」の現実をリアルに取材。そんな日本社会に懸命に向き合う人々の実態にも迫る衝撃のノンフィクション!

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information