計算数学

Front Cover
朝倉書店, 2000 - 169 pages
本書では、コンピュータがどのように計算するか、どのように判断するかという原理を具体的に述べ、暗号のために必要な大きな自然数の素因子分解や、数式処理のときに必要な多項式の素因子分解、およびネットワークのときに必要なコード理論の数学的原理を書いている。コンピュータと数学の接点として大切なグレブナー基底について基本的な部分にも触れた。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information