二つのケルト: その個別性と普遍性

Front Cover
小辻梅子, 山内淳
世界思想社, 2011 - 298 pages
ケルトの民が住むイギリス諸島とフランスのブルターニュ。この“島のケルト”と“大陸のケルト”の歴史や伝統、神話や言語・文学、また音楽や自然観を通して、文化の普遍性と個別性をさぐる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information