四次元主義の哲学: 持続と時間の存在論

Front Cover
春秋社, 2007 - 480 pages
ものは変化するのになぜ同一でありうるのか。「テセウスの船」や「粘土と像」といったパラドックスから、相対性理論やタイムトラベルなど、多彩な問題設定で対立する諸理論を精査、独自の時間論を提唱する若き俊英のアメリカ哲学会賞受賞作。現代の形而上学を知るのに不可欠な「用語解説」を付す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information