社会の宗教

Front Cover
法政大学出版局, 2016 - 488 pages
社会が変化するなか宗教システムの変容を問う。『宗教の機能』の刊行後、オートポイエーシス概念を得てその理論はどのような展開をみせたのか。ルーマンの没後まとめられた遺稿を刊行。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information