御歌所と国学者

Front Cover
弘文堂, 2010 - Japanese poetry - 338 pages
御歌所歌人のイメージを一新。歌道御用掛・皇学御用掛・文学御用掛・御歌所で活躍した国学者たちの諸相をとらえ、明治期の御歌所と国学者の関係を考察、国学史・和歌史における御歌所の位置づけに転換を迫る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information