ヨーロッパ・ロマン主義: 主題と変奏

Front Cover
創芸出版, 2001 - 382 pages
イギリス、ドイツ、フランス三国のロマン主義文学の相互関係を作品からの具体例を駆使した比較文学的に考察し、ヨーロッパ・ロマン主義研究の新しい方向を示した先駆的業績。ロマン主義で必ず言及される個人主義、想像力、感情の三項目について三国のロマン主義文学を比較検討し、それぞれがどういう点で共通し、どういう点で異なるかを明らかにする。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information