宇宙からみた生命史

Front Cover
筑摩書房, 2016 - Life - 229 pages
「われわれはどこから来たのか、われわれは何者か、われわれはどこへ行くのか」。―近年、生命誕生の謎を解き明かす鍵が、「宇宙」にあるのではないか、という考え方が存在感を増している。生命の様々な可能性を考えるのには、もはや地球中心の思考を捨てなければならない。惑星探索や宇宙観測によってわかった新事実と従来の化学進化的プロセスをあわせ論じて描く、最先端にして最も説得力のある生命誕生の様相。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information