教養としての数学

Front Cover
ナカニシヤ出版, Mar 30, 2013 - 179 pages
本書はすべての大学生がこれだけは最低でも身に付けておくべき『教養としての数学』とは何か、との視点に立ち記されています。本書では高校1年次までに学ぶ数学を大学生の視点で見直します。習いはしたが、理解が難しいであろうさまざまな計算技法、数学記合と用語を、これまでよりも高い視点から眺めることができるよう工夫しました。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information