近代経済学の解明, Volume 3

Front Cover
岩波書店, Apr 14, 2006 - 472 pages
経済学の流れを見直した著者(1901‐52)は、(下)でその具体的作業にとりかかる。ワルラス的均衡論に対するケンブリッジ学派の意味付与、計量経済学の独自性の評価等々は、マルクス経済学の再検討とともに古典的意義を持つ。本書によって読者は、近代経済学とマルクス経済学の双方を生かして読む目と手段とを得られるであろう。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information