講座数学の考え方

Front Cover
朝倉書店, Jul 15, 2002 - 267 pages
「測度と積分」は調和解析、偏微分方程式、確率論や大域解析学などの解析学はもちろんのこと、およそ現代数学を学ぼうとするものにとって欠くことのできない基礎知識である。関数解析はこれら伝統的な解析学の問題を「関数を要素とする空間」とそのような空間のあいだの写像に関する問題と考え、これらに通常の数学の手法を適用して問題を解決しようとする方法である。関数解析における「関数を要素とする空間」の多くはルベーグ積分を用いて定義され、関数解析はルベーグ積分が活躍する舞台の一つである。本書はルベーグ積分の基本事項とそれに続く関数解析の初歩を学ぶための教科書で、2001、2002年の夏学期の東京大学理学部3年生に対する「測度と積分」、および2000年の4年生・大学院初年生に対する「関数解析学」の講義のために用意した二つのノートをもとにして書かれたものである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information