岩波講座文学

Front Cover
小森陽一, 沼野充義
岩波書店, May 27, 2004 - Literature - 413 pages
ここ数十年の間に文学研究の領域で生じた巨大な地殻変動。その背後には、20世紀に生まれたさまざまな「理論」の存在があった。フォルマリズム、脱構築、精神分析、フェミニズム、ポストコロニアリズム、文学・言語学・哲学・政治学など諸領域を横断して生み出されたこれらの理論は、これからの文学研究にどのような可能性をもたらすのか?新しい時代の見取り図を提示する、シリーズ最終巻。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information