亡国の安保政策: 安倍政権と「積極的平和主義」の罠

Front Cover
岩波書店, 2014 - Japan - 132 pages
「積極的平和主義」を掲げ、日本版NSCの設置、秘密保護法の制定、そして、集団的自衛権の行使容認へと舵を切った安倍政権。その裏で歴史認識をめぐり近隣諸国との軋轢は増し、靖国参拝により米国までが「失望」した。隣国の軍事的“脅威”を煽り、理念独走の安保政策がいかに「国益」を毀損するのか、正面から検証する。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information