宗教と開発: 対立か協力か?

Front Cover
麗澤大学出版会, 2010 - 399 pages
宗教の影響がますます深まっている21世紀の発展途上世界開発に、「宗教」は、何をなし得るのか?紛争、平和構築、貧困、環境、保健、教育等、途上国が抱える諸問題についての豊富な事例研究に基づき、「宗教と開発」の全体像を理論的、包括的に論じた画期的な「国際開発研究」必携テキスト。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information