資本主義経済の幻想: コモンセンスとしての経済学

Front Cover
ダイヤモンド社, Oct 8, 1998 - 278 pages
二十世紀も末となって資本主義のグローバル化は、アメリカの繁栄の一方でヨーロッパの停滞、日本の不況、アジアの混乱と明暗を分けているかに見える。この間、資本主義経済をめぐる見方は楽観・悲観を含めてさまざまな論議が生まれた。アメリカで沸き起こった「ニュー・エコノミー」論もその一つだが、クルーグマンはこれを根拠のない幻想として批判、楽観主義を排してきた。いまや、その洞察が的中するかどうかが世界の注目を集めている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information