苦海浄土(全三部)

Front Cover
藤原書店, 2016 - Marine pollution - 1140 pages
『苦海浄土』は、「水俣病」患者への聞き書きでも、ルポルタージュでもない。患者とその家族の、そして海と土とともに生きてきた不知火の民衆の、魂の言葉を描ききった文学として、“近代”なるものの喉元に突きつけられた言葉の刃である。半世紀の歳月をかけて『全集』発刊時に完結した三部作(苦海浄土/神々の村/天の魚)を全一巻で読み通せる完全版。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information