臨床風景構成法: 臨床と研究のための見方・入り方

Front Cover
岸本寛史, 山愛美
誠信書房, Aug 20, 2013 - 288 pages
風景構成法で描かれる風景は、風景であって風景でない。川、山、田...と教示に従って描き上げられる風景は、心象風景のスケッチというよりは、決められた筋書きに添って作り上げられるストーリーという側面を備えている。その核心にあるこのようなストーリー性ゆえに、風景構成法を、一点透視図法を理想とする構成度で評価しようとすると、その意義を見誤ってしまう恐れがある。本書は、多視点的なパースペクティブから風景構成法を再評価しようとする意欲的な取り組みである。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information