数学基礎複素関数

Front Cover
培風館, 2001 - 197 pages
本書は複素関数論の基礎部分の標準的な教科書である。ここで学ぶ複素関数論を一口に言えば“複素数の微分積分”。変数を実数から複素数に広げることによって、微分積分学の多くの理論がより自然のものとなる。このことを実感できるように、常に実数値関数の理論との比較を念頭において本書を執筆している。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information