上代日本語の音韻

Front Cover
岩波書店, 2017 - Japanese language - 293 pages
万葉集、日本書紀、古事記など文字資料の存在する最も古い時代である上代の日本語、さらにそれ以前の日本語の音はどういうものであったのか。日本語を含む東アジア諸言語の音韻論に通じる著者が、一般言語理論に立脚して、服部四郎のものとは異なる独自の上代語6母音体系説および関連する音韻現象の解釈を論じる。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information