冷戦後の東アジア秩序: 秩序形成をめぐる各国の構想

Front Cover
佐橋亮
勁草書房, 2020 - East Asia - 303 pages
主要国は東アジアの国際秩序をどのように認識し、どんな秩序構想を立てたのか。そして、その帰結はいかなるものだったのか。気鋭の執筆陣が冷戦後の軌跡を追い、日本の役割と東アジアの将来を見極める。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information