憲法と沖縄を問う

Front Cover
井端正幸, 渡名喜庸安, 仲山忠克
法律文化社, 2010 - Civil rights - 187 pages
普天間基地問題は、民意に反する“日米合意”によって決着が図られようとしている。そもそも不当な「負担」や「痛み」は軽減・分散するのではなく、除去されるべきであろう。いま沖縄の怒りが臨界にあるなかで、“憲法から沖縄を”“沖縄から憲法を”問い直す作業を通じて、沖縄がかかえている諸問題の実像に迫る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information