「国史」の誕生: ミカドの国の歴史学

Front Cover
講談社, 2014 - 234 pages
近代日本の歴史学は、江戸期の知的伝統と洋学が結合し、摩擦を起こしながら、「新しい日本の自画像」を描くべく成立した。山片蟠桃や平賀源内の合理的思考。福沢諭吉、西周の学問観。実証史学を移植したドイツの歴史家リースと「国史」誕生への道程。そして久米邦武筆禍事件、南北朝正閏論争など、国家との軋轢の中で歴史学は挫折し、鍛えられていく。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information