進化をめぐる科学と信仰: 創造科学などを考えなおすわけ

Front Cover
すぐ書房, Apr 5, 2001 - Creation - 250 pages
本書は、科学の方法論をまず概説、その議論をふまえ、科学と信仰の関係について代替的な考えをいくつか明らかにし、そのうえで生物学が物理学とちがう科学的方法を駆使して、ダーウィンをはじめとするその後の進化総合説にどのような成果をあげさせてきたかを概説。最後にアメリカで進化論に横槍を入れる創造科学を打破、聖書の教えが科学の研究と両立することを挺に、創造科学などがアメリカの環境問題・理解を防げている事情をふまえ、日本が担うべき責任を論じている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information