残響の中国哲学: 言語と政治

Front Cover
東京大学出版会, 2007 - China - 291 pages
荘子、朱子学、魯迅、ポーコック、アーレント、レヴィナス...言語と政治をめぐる古今の思考に分け入り、他者の声の響きに耳をすます。中国哲学を脱構築する企て。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information