労働とジェンダー

Front Cover
明石書店, 2001 - Feminism - 284 pages
本書は、フェミニズム労働論の立場にたって、戦後日本の労働のジェンダー分析を行ったものである。第2部以下の各論では、日本の労働におけるジェンダー的特質を規定している要因は何か、を明らかにすることに焦点をおいている。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information