1910ネンダイノヒカクエイガシ: 一九一〇年代の比較映画史

Front Cover
人文書院, Feb 20, 2016 - Motion pictures - 364 pages
「芸術」としての映画が興隆した一九一〇年代。映画史のベル・エポック期に演劇、オペラ、美術、文学など他の芸術ジャンルとせめぎあいながら、映画は自らの固有性をどのように模索していったのか。「映画」という新たな形式へ。世紀転換期からモダニズムにおける映画と芸術の交流に迫る労作。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information