貧困という監獄: グローバル化と刑罰国家の到来

Front Cover
新曜社, 2008 - 203 pages
福祉国家の解体と労働市場の規制緩和―「小さな政府」への転換は、増大する貧困層を管理する厳しい刑罰政策なしには成り立たない。変貌する現代国家の矛盾をブルデュー社会学の観点から鋭く問い直し、世界19ヶ国語に翻訳された注目の書。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information