植物と日本文化

Front Cover
八坂書房, 2002 - Botany - 196 pages
“日本的自然観”とは何か?松・竹・梅・桜・菊など、古来日本人が親しんできた植物について、その関わりの原点を古今の文献に探り、伝統的な自然の見かたの背後に隠されたさまざまな問題を浮き彫りにする、刺激的なエッセイ17編。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information