漫画に見られる話しことばの研究: 日本語教育への可能性

Front Cover
ひつじ書房, 2020 - Comic strip characters - 200 pages
東京を中心とした首都圏の話しことばは、首都圏方言と呼ばれ、多くのドラマ、漫画などの作品で用いられるほか、日本語の会話教育でも取り入れられることがある。本書では、主に漫画作品を対象として、ラ行音の撥音化(わからない→わかんない)等、首都圏方言の表現のゆれがどのように使い分けられているかに関する観察を行った。日本語学習者の表現の幅を広げる支援を行うための基礎研究となることを目指す。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information