細胞からみた生物学

Front Cover
裳華房, 2002 - 143 pages
現代の生物学は、多方面にわたって進展しており、その内容もしだいにぼう大になりつつある。それで、限られた時間で、生物学のすべてを学ぶことは困難になっている。このことを考慮して、現代の生物学を、分子、細胞、個体の三つのレベルに立って、それぞれの観点でまとめてみようと試みることになった。本書はその一つの細胞を中心とした生物学である。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information