道の環境学

Front Cover
技報堂出版, 2000 - Roads - 188 pages
人間だけが心の広い篤志家「地球」から借りっぱなしというのが今の姿です。このままでは大きなしっぺ返しがあるかもしれません。人間は借りたものを無駄にしてはいけないのです。道は、有史以来、人間とともに変化し、進歩してきました。そして、今、そのあり方が問われています。本書では次の7つの項目を通してそのことを考えていきます。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information