帝国航路(エンパイアルート)を往く: イギリス植民地と近代日本

Front Cover
岩波書店, 2018 - Europe - 231 pages
「開国」後の一八六〇年代から一九五〇年代に至るまで、多くの日本人がイギリス帝国の支配下の航路を辿り、ヨーロッパへと渡った。上海や香港、シンガポール、ペナン、セイロン、アデン、エジプトなど様々な地域の状況にふれ、帝国支配の様相を自らの視線でとらえた彼らの経験や思索を通して、帝国主義世界体制の中での位置を模索する近代日本の姿に迫る。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Bibliographic information