オーケンののほほん日記ソリッド

Front Cover
新潮社, 2002 - 344 pages
病を患い死線をさまよったオーケンだったが、何とか復活、再びのほほんとした日々を夢見て歩を進める。「地上最弱の空手家」として道場に通い、プラモを作り、プレステと格闘し、女のコに気を使い、映画を観ては号泣し、ライブの楽屋で読書に耽り、そしてホテホテと夕暮れの青森をさすらい...。激レア、高校&浪人時代の秘蔵日記も特別収録。ご存知、超サブカル・エッセイ日記の第二弾。

What people are saying - Write a review

We haven't found any reviews in the usual places.

Other editions - View all

Bibliographic information